メニュー

お歳暮の由来

お歳暮とは

お中元やお歳暮は元来一年の中で行われる行事をさす言葉でした。
現在ではお世話になった人や上司、取引先などへ贈るお礼の品をさします。

 

由来は先祖供養にお供えを持ち寄ることからですが
江戸時代には商人が得意先に贈ったり分家が本家に贈ったりと
時とともに変化してきました。

 

やがて、年の暮れに、その一年間にお世話になった人に贈り物を持参して回る行為が
「歳暮回り」という言葉となり、年の暮れの贈り物の習慣として定着したものとされています。

 

お歳暮は誰に贈ればいいの?

昔はお世話になった相手や、取引先や上司、仲人、お稽古ごとの先生などに贈るのが
一般的でした。

 

最近では仲の良い友人や親族などにもお歳暮を送ることがあるようです。